kotoba-asobi

 

「彼女は冷たいストロベリーのアイスクリームを諦めることにしたんだ。理由は分からないけれど、多分、…うん、多分、少なくとも森の木が減っていることに悲しくなったからではないと思うんだ」

さえずりが上手い鳥が饒舌にそう語ったのは、夏が始まる頃のこと。


test003

彼女は冷たい
Tagged on: