2014年公開

監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ

主演:マイケル・キートン


【あらすじ】

マイケル・キートン演じるリーガン・トムソンは、『バードマン』という映画でスーパーヒーロー・バードマンを演じていた。

 

『バードマン』は大ヒットを遂げ、リーガンはスター俳優の座まで上り詰めていた。

 

しかし、シリーズ終了から20年。

 

ヒット作にも恵まれず、家庭にも失敗。

 

気付けば、仕事も家族も失って落ちぶれた場所でくすぶりつづけていた。

 

しかし、リーガンは、そんな失意のどん底からもう一度、あの輝かしい場所へ這い上がろうとする

 

レイモンド・カーヴァーの短編小説「愛について語るときに我々の語ること」を舞台向けに脚色し、自らの演出と主演でブロードウェイの舞台に立つことを決意するのだ。

 


 

【見どころ】

アカデミー賞作品賞など数々の賞を総なめにしている今作。

 

初代バットマンを演じていたマイケル・キートンが主演。

 

バードマンバットマン

 

過去の栄光に縋り、世の中から忘れさられるという、今回の主人公トムソンが持つ悩みや苦しみをマイケル・キートンにはよく分かっていたのかもしれない

 

見事なカムバックだった。

 

怪奇が本物を証明した。

 

そして、合わせて注目したいのが、グラミーを4度も何も受賞しているドラマーのアントニオ・サンチェスの挿入ドラムが物語の奇妙さを一層加速させる。

 

 

全てが素晴らしかった。

 

 

 

 

最後に劇中の名ゼリフをご紹介。

 

「人は芸術家になれない時に評論家になる。ちょうど兵士になれない時に密告者になるように」

 

では、良いFilm Lifeを!

 

ジェロ


バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(字幕版)


写真 2014-07-30 12 59 43

自分が好きな映画だけをむさぼり観る男、ジェロ。
そんな彼が世間の人気や話題に関係なしに、偏食的に映画を紹介。
そんな彼の今までの記事は下のリンクから読めます!

↓もっと偏食↓

test003


ジェロ(sanpunkan-projectでの活動名)
彼が運営するHPも是非!

senclll
senclll

http://senclll.com/


『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
Tagged on: